3D CADとVuforia Model Tracking

3DモデルをベースにAR表示を行うVuforia Model Trackingに、フルクラウド3D CADのOnshapeからデータを取り込んでAR表示させました。


Vuforia Model Trackingとは

 

Vuforia Model Trackingは、3Dモデルから3次元の特徴点を抽出し、物体を三次元で認識してAR表示を行う機能です。ModelTarget Creatorというアプリケーションで特徴点を抽出し、抽出データをもとにVuforia Engineを用いてARアプリを作成します。

 

3Dモデルから特徴点を抽出するModelTarget Creatorアプリケーション

 

Model Trackingアプリでクルマを認識

 

フルクラウド3D CAD Onshapeとは

 

OnshapeはVuforiaと同じPTC社の製品で、アプリもデータも全てクラウドにあることが特徴の3D CADシステムです。職場や在宅、出張先など、どこからでもブラウザやスマートフォンのアプリで同じ環境で作業できます。また、Onshapeには多くのファイル形式に対応したインポート機能や、出力機能があるため、データコンバーター的な使い方も可能です。

今回、このOnshapeを使って、車の3Dモデルを加工してクルマのモデルをドアとそれ以外に分割して、それぞれをModel Tracking用のデータとして使用しました。

Onshapeについてはこちらをご参照ください。

Onshapeでドアだけを切り出したところ

 

ドア以外の部分

 

ARアプリケーション

 

クルマの整備をナビゲーションする想定で実際のクルマを認識するアプリを作成しました。まず初めにOnshapeで切り出したドアの部分を認識させてみます。

 

ドアにはあまり特徴点が無いように思えましたが、意外にしっかり認識しています。

次にドア以外の部分です。

 

こちらもバッチリ認識しています。

 

弊社ではVuforia製品、PTC製品のOnshapeを取り扱っております。フルクラウド3D CADデータを活用したARソリューションにご興味ございましたら是非ともお問合せください

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!