Matterportカメラを使ってVuforia Area Targetを試す

Vuforia Area TargetとMatterportカメラを使ってフロアガイドを作成してみました。


Vuforia Area Targetは米PTC社が提供するVuforia Engineの一機能で、空間領域にAR機能を提供します。今回のブログではMatterport 3Dスキャンカメラを使ってArea Target用の空間データを撮影し、ARフロアガイドを作成してみます。

 

Area Targetを使ったARの作成

 

Area Targetの作成とAR体験は、スキャン、オーサリング、ビューのプロセスに要約できます。

 

スキャン

Area Targetは、物理的な空間の3Dスキャンされたデジタルモデルから作成されます。3Dスキャンには、LiDAR内蔵のiPhone/iPadまたは、Matterport Pro2カメラのような専用のカメラを用います。スキャンした3Dモデルは、Vuforia Area Target Generatorに読み込ませて、Area Target用のデータを作成します。

 

オーサリング

Vuforia Area Target Generatorで作成したデータはUnityに取り込める形式(Unity Assets)になっていますので、Unity内でVuforia Engineをセットアップしてデータを取り込めば、Unity内でオーサリングできるようになります。

 

ビュー

UnityからiOSやAndroid用のアプリをデプロイすると、ユーザーはエリア内のどこからでもARを開始することができます。ユーザーが空間内を移動してもトラッキングは維持されます。

 

Matterportカメラを使う

 

Matterport Pro2カメラは、米国Matterport社が販売する、VR空間撮影用カメラです。

Matterport Pro2カメラ

 

Matterportカメラでの撮影

 

iPad/iPhoneとMatterport Pro2をWiFiで接続してアプリから撮影します。アプリから撮影ボタンを押すと、60度ずつ回転しながら全方位の画像を自動で撮影します。約2mおきに場所を変えながら撮影を繰り返すと、フロア全体のような大きなエリアもカバーすることができます。

Matterportの撮影

 

Matterportサブスクリプションについて

 

Matterportを使用するためには月69ドルのサブスクリプションが必要です。サブスクリプションが切れると自分のスキャンしたデータをブラウザで見ることもできなくなります。また、サーバー側で生成された3Dモデルをダウンロードするためには、1スキャンデータ当たり49ドルのMatterPakと呼ばれる費用が必要となります。

 

Vuforia Area TargetでMatterportデータを使用する

 

Vuforia Area TargetでMatterportデータを使用する際は、サーバー上の3Dモデルデータを直接ダウンロードして使用するためのDeveloper Toolsが必要となります。Developer Toolsは150ドルの年間ライセンスとなっています。Developer Toolsを購入するにはMatterport社に連絡して開発者としてアクティベートしてもらう必要があります。アクティベートが終了すると次のように購入可能な画面になります。

Developer Toolsの購入

 

Developer Toolsを購入すると、アクセス用のトークンや公開鍵が発行され、API経由でMatterportの3Dモデルデータにアクセスできるようになり、Vuforia Area Target Generatorにトークンなどの設定をすれば、Matterportのデータが利用できるようになります。

 

Vuforia Area Target GeneratorでMatterPakを適用したスキャンデータを指定してArea Target用のデータを生成します。

 

生成されたArea Target用データには次のようなデータが含まれます。

 

  • メタデータ(xml)
  • 点群データ(dat, 3dt)
  • GLTFの3Dデータ
  • Unity用データ (unitypackage)

Area Targetの実例

 

弊社の来客スペースをMatterportでスキャンしてArea TargetでARフロアガイドを試作しました。

 


Matterportで撮影した箇所は40ヶ所。iPadのMatterportアプリで確認するとこのようになります。

 

Matterportの撮影箇所

 

生成されたGLTF(3Dデータ)を表示するとこのようになっています。ガラスの透明な部分や暗い部分は取り込めません。

 

MatterPakのGLTFデータ

 

Unityに取り込んで、商談室の名称とトイレの案内を設置しました。

 


iPadでの動作の様子は次のようになります。

 

まとめ

 

Vuforia Area Targetのご紹介と、Matterport Pro2カメラを用いたスキャンデータを用いたアプリ作成方法をご紹介しました。

弊社ではVuforia Engine AreaTargetをはじめ、Vuforia製品(Vuforia Studio, Vuforia Instruct, Vuforia Expert Capture, Vuforia Chalk)を取り扱っております。ARを活用したソリューションにご興味ございましたら是非ともお問合せください。

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!