Wikitude SDK 9.1がリリースされました

最新のWikitude SDKのリリースでは、Object Trackingの改善、Unity URPのサポート、そして全体的な性能強化が行われています。また、Enterprise ScriptとCloud Recognitionの大規模な改良も行われました。


次世代CLOUDとSDK 9.1のご紹介

高度な機能を実装したExpert Editionのリリースの後、最新の改善、品質のメンテナンスサイクルにより、Wikitude SDKはバージョン9.1でさらに強力なものになりました。

Wikitude SDK 9.1の新機能は次の通りです。

  • Object Trackingの改良
  • Unity URPのサポート
  • 新しい、複数のObject Tracking散布
  • オブジェクト用のEnterprise Script
  • Cloud Recognition v2.0

Wikitudeのサブスクリプションユーザーは、Wikitude SDK 9.1をダウンロードして直ちに利用することができます。

Wikitude SDK Expert Edition 9.1

高度なAR機能をUnityで開発できます

 

Wikitude SDK 9.1 Expert Editionの機能一覧:

  • ハイエンドのImage Trackig(単数、複数)
  • Cylinder Tracking(単数、複数)
  • Object Tracking(単数、複数)
  • 複数のトラッカー(Image + Object + Positional)
  • 性能と安定性の向上
  • Unity URPのサポート
  • Multiple Object Trackingのサンプル

Expert Edition 9.1の新機能および改良点

 

改善されたObject Tracking

2017年のリリースされたObject Trackingは、これまで以上の安定して信頼性の高いものになりました。

Wikitude SDK 9.1ではObject Tracking中のジッターが低減され、AR中にカメラズームを使用した際の

動作が改善されています。

 

Unity Universal Render Pipeline (URP)のサポート

 

"Universal Render Pipeline (URP)は、Unityによって作られたスクリプト可能な事前構築済みのレンダーパイプラインです。URPは、モバイルからハイエンドのコンソールやPCまで、様々なプラットフォームで最適化されたグラフィックを素早く簡単に作成できるようにする、アーティストフレンドリーなワークフローを提供します。"

 

Image Source: Unity

Wikitude SDK 9.1では、URPのサポートが導入されています。このUnityの強力なレンダリングパイプラインは、以下のような利点をもたらします。

  • レンダリング速度の向上
  • DOTSのサポート
  • VFXグラフのサポート
  • Shaderグラフのサポート
  • サンプルシーンに変更を簡単に適用するためのWikitude URPヘルパーツール

Universal RP v7.2.1パッケージをダウンロードしてWikitude URPのドキュメント(英語)をご参照ください。

 

新しいマルチObject Trackingのサンプル

 

革新的なMultiple Object Tracking機能をテストできる新しいUnity Expert Editionのサンプルが提供されています。

インタラクティブなサンプルを試すために、オブジェクトを作成するためのPDFも用意しています。

このサンプルには、12面体の形をした3つの元素が含まれており、それらを組み合わせることで

最大5種類の化合物を作ることができます。

  • CO(一酸化炭素)
  • CO2(二酸化炭素)
  • O2(酸素)
  • H2O(水)
  • CH2O(ホルムアルデヒド)

このインタラクティブなMultiple Object Tracking ARは、ほとんどの最近のスマートフォンでスムースに動作します。

ドキュメント(英語)をチェックして、ぜひお試しください。

Wikitude SDK Professional Edition 9.1

JavaScript, Unity, Cordova, Xamarin, Flutter, Native APIで開発する従来からのARライブラリ

 

Wikitude SDK Professional Editionの機能一覧:

  • Geo AR Tracking
  • ハイエンドなImage Tracking(単数、複数)
  • Instant Tracking
  • Object Tracking
    • ジッターの削減
    • カメラズーム時の動作改善
  • 性能と安定性の向上

新しいWikitudeのサービスとサポート

 

Object targetのためのWikitude Enterprise API Script

オンプレミスでObject Targetコレクションを生成します

 

WikitudeでObject Tracking機能を使用する場合は、対象となる物体を認識して追跡するために

必要な情報を含むWTOファイルに変換するための前処理が必要です。

これまでRESTful APIを使用してWTOファイルを作成することができましたが、セキュリティ等の

理由でWikitudeサーバーにアップロードすることができない場合、Wikitude Enterprise Scriptにより

WTC(イメージ用)、WTO(オブジェクト用)をオフラインでLinuxマシンで生成することができます。

オンプレミスの機能を使用したい場合は弊社へご連絡ください。

 

Cloud Recognition v2.0

アーカイブ作成がこれまでの1100倍も速くなりました

 

大規模な画像認識ソリューションに対して大規模な改修を行いました。その結果

画像ターゲットアーカイブを短時間で生成できるようになり、ターゲット認識の距離と速度が向上しました。

この更新では以下のようなメリットがあります。

  • アーカイブ速度の向上
  • 認識率の向上
  • より遠くからの認識、認識速度の高速化
  • 透過画像のサポート

包括的なアップデートにより、ターゲットコレクションのアーカイブ時間が1000倍以上に高速化されました。

そして、下の動画のようにターゲットの認識速度が距離が大幅に向上しています。

新しいWikitude Cloud Recognition v2.0の強力な機能とアップグレードされたパフォーマンスで、大規模な画像コレクションが利用できます。

この新しいアップデートは、Cloudのお客様(EUサーバ)向けに、クラウドアーカイブやSDKを更新することなく、

今後数週間で自動的に展開され、有効になります。


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!