Wikitude SDK 8.6がリリースされました

HoloLensに正式対応しました。


Wikitude SDK 8.6がリリースされました。

このリリースに含まれる内容は次の通りです。

 

・HoloLensの正式サポート

・Flutterのサポート(RC版)

・UnityのGeo-ARプラグイン(PendAR製)

・パフォーマンスと安定性の改善

 

■Wikitude SDK for HoloLens

Microsoft HoloLens 1向けのWikitude SDKはUnityベースになっています。

Holographic UIサンプルアプリも含まれた正式版です。

 

およそひと月ほど前にWikitude社はHoloLens向けのRC版をリリースし、そこで受けた

フィードバックを元に改良を重ねて、正式リリースに至りました。

Wikitude for HoloLensの性能確認用に、新しい画像を用意しましたのでご確認ください。

詳細については、前回のブログをご確認ください。

 

■Augmented Reality for Flutter - Release Candidate Plugin

Wikitude SDK 8.6は、Flutterを公式サポートする最初のARプラットフォームになりました。

 

Flutter(フラッター)は、Googleによって開発されたフリーかつオープンソースのモバイルアプリケーションフレームワークです。

単一のコードからAndroidやiOS向けのネイティブアプリを生成することができます。

 

Wikitude SDK 8.6では、JavaScript APIをベースとしたFlutter Pluginの提供を始めました。

このリリースは、リリース候補版(RC版)として提供されます。Flutter Pluginをお試しの際は

フィードバックを英語でEメール(info@wikitude.com)でお寄せください。

 

■Geo AR for Unity Plugin

Wikitude SDK 8.6から、Wikitude社のARパートナーであるPendAR製のLBARを使って、Unityで

ロケーションベースのコンテンツを作成できるようになりました。

LBARはロケーションベースアプリケーションに対して、非常にシンプルなワークフローを提供しています。

Unityの他のアプリに統合することができ、位置情報の複雑な計算は必要ありません。LBARは

シンプルで使いやすいレーダーも提供しています。

LBARは、Wikitude社のダウンロードページにリンクがあります。

チュートリアル: LBAR packageのインポート

※LBARを使うためには別途ライセンスキーが必要です。

 

■パフォーマンスと安定性の改善

Wikitude 8.6 SDKでは、いくつもの改善と安定性に対する改良が施されています。

詳細についてはリリースノートをご参照ください。

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!