WikitudeのMicrosoft HoloLens対応

Wikitude SDKのHoloLens対応によって、画像認識、オブジェクト認識、バーコード、QRコードなどのAR認識ソリューションが利用可能になります。現在リリース候補版(RC版)として提供されています。


多くの産業が、運用効率を高めるために複合現実(MR)デバイスへ投資しています。これを念頭にWikitude SDKを最も進んだMRデバイスであるMicrosoft HoloLens 1に最適化しました。

 

Microsoft HoloLens

Microsoft HoloLensは、斬新なMRヘッドセットデバイスで、業界をリードするハンズフリーソリューションを実現します。

このソリューションを効率的に、パーソナライズを可能にするために重要なのが拡張現実技術です。

Microsoft HoloLens 1がすぐに使えるAR機能を提供しているのはそのためです。

 

Microsoft HoloLens 1 のネイティブAR機能

・ポジショントラッキング/インスタントトラッキング

・シーン再構成/平面認識

・クラウド/永続的アンカー

・三次元レンダリング

・キャリブレーション

 

HoloLensのネイティブAR機能はすぐに使える利点はありますが、ARソリューションの一部だけをサポートしています。例えば画像とオブジェクト認識とトラッキングはできません。その点がWIkitude SDKが必要とされる点です。

 

HoloLens向けWikitude AR SDK

 

HoloLensをより活用するために

Wikitude AR SDKは、HoloLens 1に対して下記のような拡張AR機能を実装できるように最適化されています。

 

・画像(単独、複数)認識

   画像やトラッキング可能な2Dの表面にデジタルコンテンツを表示

・オブジェクト認識

   物理的な立体物にデジタルコンテンツを表示

・クラウド認識

   大規模プロジェクト向けの高速でスケーラブルで信頼性の高いオンライン認識ソリューション

・プラグインAPI(バーコードとQRコードのサンプル)

   パーソナライズされたターゲットにデジタルコンテンツを表示

 

単独画像認識 - Wikitude for HoloLens

複数画像認識 - Wikitude for HoloLens

オブジェクト認識 - Wikitude for HoloLens

 

Wikitude AR + HoloLens = パーソナライズされた業務ソリューション

Wikitude ARテクノロジをHoloLensに組み込んで、トレーニング、品質管理、コミュニケーション、組み立て、メンテナンス、修理、安全性、検査、コミュニケーション、製品の識別などが最適化できます。

 

デジタルで強化されたステップバイステップのインストラクションガイドからコンプライアンスチェックリスト、製品の識別、インスタントコラボレーションまで、幅広いアプリケーションがハンズフリーARの利点として実証されています。

 

・削減可能: ヒューマンエラー、実行時間、故障、停止時間、コスト

・改善可能: 生産性、作業スピード、修復率、コンプライアンス、利益率

 

HoloLens 1向け Wikitude SDK RC(リリース候補)版のダウンロード

 

サンプルアプリケーション - Wikitude SDK for HoloLens

 

Microsoft HoloLens 1用のWikitude SDKは、Unityベースで、Holographic UIサンプルアプリが付属しておりリリース候補版としてテストすることができます。

HoloLens用ドキュメントにアクセスして最初の一歩を踏み出してください。HoloLens 1プロジェクトをWikitude AR SDKを使って実行し、ビジネスの目的に合ったハンズフリーARソリューションを作成するために必要な信頼性の高いAR技術を活用してください。


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!