スーパー高解像度のVarjoを試してみた

人の目と同じ解像度を持つと言われているフィンランド産のHMD、Varjoを試してみました!


こんにちは。マーケ担当のアライです。

お久しぶりです!

なんと8ヶ月ぶりのブログの登場です!!あらビックリ。

この8ヶ月の間に一つ歳を取ってしまいましたー(´ε`;)ウヒャー

 

 

 

 

さて、本日は人の目と同じ解像度を持つと言われている

VRヘッドマウントディスプレイ Varjo VR-1 を体験しましたのでそのレポートです。

Varjoは"ヴァルヨ"と読むらしいですよ。

 

 

 

外観はこんな感じです!―> ―> ―>

 

表面が鏡面になっていて映り込みます。(写真を撮るのが難しい。。。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなマシンで動かしてました。

グラボはRTX6000です。

 

 

VarjoはHMDの中心部分の解像度が高いため、デザインの詳細を確認したい場合にぴったりのHMDです。

実際どれくらい解像度が違うかというと、以下の画像のような感じです。

(左:Varjoの中心部分で見た時。  右:中心部分以外で見た時。)

また、アイトラッキングの機能も付いていますので、自分がどこを見ているかがHMDをかけていない人にもPC画面上でわかります。

 

なお、12月にはVarjo XR-1という、VRとMRを切り替えられるHMDも発売されるようです!!

XR-1は今回は体験できませんでしたが、とても楽しみです。

高解像度で現実世界と融合したら、本当にCGなのかわからなくなりますね!

 

 

弊社でもVarjoを販売しますので、高解像度HMDにご興味のある方は是非お問い合わせください。

 

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!