HTC Vive Focusを体験してきました

HTCが発売したHTC Vive Focusを体験する機会がありましたのでほんの少しの情報ですがご報告します。

こんにちは加苅です。体験ネタが続きます。HTCが中国で発売を開始したHTC Vive Focusですが、日本国内では今年後半に発売の予定だそうですので、ちょっと早い貴重な体験をさせていただきました。

 

外見はHTC Viveのヘッドセットみたいな感じで、かぶると周りの実世界は見えなくなります。

ヘッドセットのフロントについているカメラのような形の2つの深度センサーで頭の動きを計算し、実際にうごくとVR空間の中でも動くことができます。

 

片手にもつコントローラーがあり、これもViveのコントローラーとほぼ同じボタン配置になっていました。

ちゃんとグリップボタンもありました。

 

届いたばかりというのもあって、10分ぐらいで初期セットアップとゲームのダウンロードを済ませ、体験させていただきました。

 

たまたま試したシューティングゲームがコントローラーの角度のみを取得するものだったのでコントローラーの動きをしっかり追随するかどうかのチェックはできませんでしたが、角度についてはしっかりと捉えていて素早い動きにもちゃんと反応していました。

装着は最近すっかりおなじみになった後頭部カリカリ(わかりますよね?)で締め付けるタイプで、安定していて、重たい感じはしませんでした。

 

シューティングゲームは頭の動きにもちゃんと合っていましたのでグラフィックの処理能力はある程度しっかりしている感触を得ました。ただ、どこまで負荷をかけられるかは実験できていませんので未知数です。

無線なので線を気にせず歩き回ることができるのですが、周りの物体を認識できているわけではないので正直にいうと危なくて歩き回ることはできなさそうです。

 

どんなニーズに適合するデバイスなのか、もう少し考えてみようと思います。

また、同じタイプのデバイスが他社からも出ているのでそちらとの比較の機会があったらまたご報告いたします。

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!