広視野角&アイトラッキングも!?StarVRを試してみた!

今年巷で話題になっているStarVRを体験する機会がありましたのでレポートします


こんにちは。マーケ担当のアライです。

今年は夏にバーベキューをしようと思っていましたが、あまりの酷暑に企画する気力も奪われております。。。

涼しくなったらバーベキューしようかなぁ。。。

 

 

 

 

 

さて、本日は

先日のSIGGRAPH2018でお披露目のあったStarVRについて簡単にレポートします。

色々な方がSIGGRAPH2018の体験記をWEBに掲載されているので、遅ればせながら・・・なのですが (;´Д`A “

 

 

 

先日のブログでチラっとご紹介したStarVR、実はあれはプロトタイプ版で、

HMDの上にVIVE Trackerを付けて、VIVEのベースステーションでトラッキングしていました。

 

そして、こちらが製品版のStarVR One!

弊社に持ってきていただきました。

 

StarVR OneはVIVE Trackerの装着は不要ですが、VIVEのベースステーションでトラッキングします。

VIVEのコントローラーも使えますが、StarVR専用のコントローラーもあるそうです。

 

また、VIVEのベースステーションではなく、光学トラッキングシステムを採用したStarVR One XTというHMDもあるそうです!!

 

 

かけてみると、こんな感じです。

 

 

 

また、私が個人的に気になっているのは、Tobii Technologyが開発した視線追跡技術が組み込まれていることです!!

HMD内で見ている部分だけピントを合わせ、見ていない部分をぼかすことでPCの負荷を下げることも可能です。

また、瞳孔間距離も自動で計測してくれます!!

 

 

 

広視野角なので、乗り物系のVRシミュレーションや、VRトレーニングにピッタリ!!

続報はまたお知らせします!!

 

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!