人とくるまのテクノロジー展2018横浜に出展しました

5/23~25に開催された人とくるまのテクノロジー展の出展レポートです


こんにちは。マーケ担当のアライです。

最近ジムに通うようになりましたが、全然体重が落ちません ( ̄□ ̄;)!!

努力が足りないのでしょうか、それとも気合いが足りないのでしょうか。

 

 

 

 

 

さて、久しぶりにブログを書いていますが、今回は人とくるまのテクノロジー展のレポートです。

 

 

 

毎年弊社は、人とくるまのテクノロジー展に出展しています。

今年の展示テーマは、『MBSEから始まるMBD-CAEソリューション』。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは『設計プロセス改善』を実現するソリューションの一部として、

リアルタイムシミュレーションが可能なANSYS Discovery LiveのVR展示をしました。

 

 

 

 

ANSYS Discovery Liveは、モデリングしながら、"瞬時"にシミュレーションもできてしまう画期的なソフトです!!

メッシュ分割、ポスト処理などは不要で、設計者が意識せずに解析までできるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ANSYS Discovery Liveのデモ動画↓をご覧いただければ、直観的に操作ができるのがお分かりになるかと思います。

 

このANSYS Discovery Liveを『バーチャルデザインレビュー』を通してVR表示するとこうなります。(右図)

 

バーチャルデザインレビューには、ダイレクト表示機能があるため、ANSYS Discovery Liveでデータ変換等をする必要はなく、ANSYS Discovery Liveに表示されている形状、解析結果がそのままVR空間に反映されます。

 

ANSYS Discovery側で形状変更をしたり、解析条件を変えると、即座にVR空間にも反映されます。

 

設計の早い段階で解析もでき、さらに設計した形状もVR空間で直観的に把握できるため、設計プロセスを劇的に改善でき、

開発期間の短縮、品質向上、コスト削減が見込まれます。

 

 

 

かなり劇的な設計プロセス改革なので、ブースにご来場いただいた方は驚かれていたようでした。

 

本ソリューションは、以下の展示会でも展示しますので、是非ブースまでお立ち寄りください。

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!