複数人でVR設計レビュー!

バーチャルデザインレビューを何人までコラボレーションできるか試してみました。


こんにちは、マーケ担当のアライです。

いよいよゴールデンウィークが今週末から始まります!

みなさまご予定はお決まりでしょうか?

私は色々行きたい場所はあったのですが、今年は友達と

アフターヌーンティーとかビュッフェとか女子らしく(!?)過ごす予定です。

(え??ダイエットはどうするのかって??  |(゚3゚)|キコエナーイ )

 

 

 

 

 

 さて、少し前になりますが、バーチャルデザインレビューで何名まで

コラボレーションできるか試してみました。

 

と言っても、弊社ではVIVEを4台しか保有していないので、4台でテストをしました。

 

 

 

 

 

 

まずは準備。

 

 

どどどーん!とPCが4台並ぶとかっこいいですね。

 

 

上記写真の空間で4名同時に試してみましたが、これは難なくOK!

3m×3mのスペースで4名が作業すると、少し狭く感じます。

 

 

次に、場所を分かれてテスト。

4台のマシンは同一LAN上にある必要があります。

 

今回は3か所に分かれてみました。

2か所目、3か所目のマシンは無線で1か所目のマシンとつなげました。

1か所目(2名:有線で接続)
1か所目(2名:有線で接続)
2か所目(1名:無線で接続)
2か所目(1名:無線で接続)
3か所目(1名:無線で接続)
3か所目(1名:無線で接続)

 

表示するCADデータの重さにもよりますが、

今回テストしたデータでは、無線でつないだ2か所目、3か所目でも特に重さや遅延を感じませんでした。

 

 

また、VR空間上では、自分以外のレビュー参加者はアバタ―で表示されます。

アバターの色や名前は自分で設定できますよ。

 

 

 

今回のテストの結果、

4名でのコラボレーションでは、ストレスなくデータを見たり、付箋をつけたりなどの作業ができることがわかりました。

 

 

それにしても、VR空間上で複数人とコミュニケーションを取れるのが面白かったです。

実際にはその場にいる人は自分だけなのに、あたかもその場に誰かがいるかのような気分になれます。

 

 

是非バーチャルデザインレビューで"楽しい"設計レビューを体感してみてください!

 

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!