V20新機能:形態評価に!「細線化」メソッド

V20では新たな可視化メソッド「細線化」が追加されました。データを細線化し、『連結数』を求めて表示、出力します。

材料分野等において、形態定量評価の一助となります。


「細線化」 メソッドは、ある成分のレベル値を閾値としてセルを 2 値化したデータに対し、

トポロジー的な性質(連結数や穴の数等)を変化させずに 1 セル単位まで細くした結果を表示します。

細線化で残ったセルは 『連結数』 の計算を行った結果をセルの値として色分けされます。

 

使用方法、パラメータ説明

細線化

「レベル」 スライダーで指定した値で2値化、細線化が行われます。

「細線化対象」 で 「レベル値以下」/「レベル値以上」 を切り替えられます。

 

連結数の計算

細線化で残ったセルに対して隣接セルがあるかどうかを調べ、

その数を 『連結数』 としてセルの成分値とします。このとき、

「連結数の計算」 パラメータで 「連結の定義」 を以下3種類から指定することができます。

  • 隣接セルが面で繋がっている場合のみカウントする 『面接続 (最大 6 連結)』
  • 隣接セルが辺で繋がっている場合もカウントする 『辺接続 (最大 18 連結)』
  • 隣接セルが頂点で繋がっている場合もカウントする 『点接続 (最大 26 連結)』 

指定した結果が随時セルの値に反映されます。

連結の定義を変更するとセルの値の範囲が変わるため、

「カラーマップの指定」 の 「データに合わせる」 ボタンを押してください。

 

※孤立したセルも連結数 「1」 としています。

表示関連パラメータ

細線化で残ったセルには白い枠線が付きます。 「マーカーの白線を表示」 のチェックを外すと白線を消すことができます

「細線化前の形状を表示」 にチェックを入れると、細線化する前の形状(「レベル」値の等数値面)を半透明表示できます。

細線化、連結数の結果の出力

「ボクセルデータ出力」 欄の 「細線化」、「連結数」 のボタンをクリックするとファイル出力ダイアログが表示され、

それぞれの結果をテキスト形式(拡張子.txt)で保存できます。別ソフトでデータの検証等を行えます。

  • 「細線化」:半角スペースで区切られた1行のアスキーデータです。
    細線化で除外されたボクセルには 「0」、残ったボクセルには 「1」 が入ります。
  • 「連結数」:半角スペースで区切られた1行のアスキーデータです。
    細線化で除外されたボクセルには 「0」、残ったボクセルには 「連結数」 が入ります。

 

※「細線化」メソッドは 3 次元の正規直交格子データ (FLD、Uniform) に対して適用できます。

 


MicroAVSの機能紹介や体験セミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!