国をまたいでVRコラボレーションをしてみた

日本と中国から同時にバーチャルデザインレビューでVR空間を共有してみました


こんにちは。マーケ担当のアライです。

年末が近づいてきて毎日バタバタと過ぎていきますね。

みなさま、体調には気をつけてこのバタバタを乗り越えましょう!!

 

さて本日は、前回のブログでチラッと予告した、"上海に行きました!"の話です。 

上海オフィスの会議室
上海オフィスの会議室

 

 

上海では、"もみじ"という料理を初めて食べ・・・・・・・・!Σ(×_×;)!

という旅行記ではなく!!!

 

 

上海には弊社の子会社があり、そこでのVRのお仕事で行きました。

 

 で、せっかく上海(中国)にいるので、バーチャルデザインレビューのコラボレーションの

テストもしてみました。

 

テストをしたのは、子会社のこんな会議室内。→→→→

バーチャルデザインレビューは遠隔地でもコラボレーションできるというのがメリットのひとつになります。

 

日本国内では社内LANやVPN経由でコラボレーションできていましたが、国外(しかも、youtubeもLINEもつながらない中国)でコラボレーションできるのか・・・。

 

 

試してみました!!

VPNをつないで、バーチャルデザインレビューを立ち上げて・・・

 

 

ドキドキ・・・・・( ,,・ิω・ิ,, )

 

 

 

 

 

 

VR空間を共有しているイメージ図
VR空間を共有しているイメージ図

・・・・・・・・・・・・・難なくクリア!(*´∀`*)ノ。+゚ *。

 

 

遠く離れた日本と中国で、同時にVR空間上にあるCADモデルを見て、

付箋をつけたり、音声メモを残したりできます!

もちろん、私が中国で付けた音声メモは、東京からでもその音声を確認することができます。

 

 

 

すごい時代ですね!

 

 

環境にもよりますが、VPN経由で国をまたいでもバーチャルデザインレビューで

コラボレーションが可能です。

 

ご興味のある方、是非お問い合わせください

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!