CEATECで『ミスラズAR PRO』を展示しました

10/3~6に開催されたCEATEC JAPAN 2017のLenovo様ブースで空間デザインの実寸配置シミュレーションアプリを展示しました


こんにちは。マーケ担当のアライです。

最近寒くなったり、暑くなったりで、

くしゃみとセキが怪しく出ています。

花粉症だと思い込んで生活しています Ξ(*゚▽゚)ノ

  

 

さて、先週幕張で開催されたCEATEC JAPAN2017で

弊社のARソリューション『ミスラズAR PRO』をLenovo様のブースで展示しました!

 

なぜLenovo様ブースかというと、『ミスラズAR PRO』は

Lenovo Phab 2 Pro専用のアプリなのです!

 

しかも、急遽(CEATEC開始の数日前!!!!)、

展示させていただけることになり、Lenovoのご担当の方には

感謝の気持ちでいっぱいでゴザイマス!!!!!

本当にありがとうございます! 

 

 

 

 

 

 

では、ここで、『ミスラズAR PRO』のご紹介を少々させていただきたく!

(以前のブログでもちょっとだけご紹介させていただいたのですが、改めて!!)

 

 

 『ミスラズAR PRO』は、Phab 2 Proを使って、空間シミュレーションをするアプリです。

通常のARの配置シミュレーションと何が違うか・・・それはARの精度です。

 

Phab 2 Proは GoogleのTango技術を搭載した端末で、背面に深度センサーなどがついています。

 

A1パネルを貼ったときのサイズ感、画像(原稿)のイメージや、

50インチモニターを設置した際のイメージをその場で確認することができます。

パネル、モニターサイズの変更も簡単です。

 

ミスラズAR PROでは、大判ポスターや、ディスプレイなどのデジタルサイネージの営業支援ツールとして、

商談をスムーズに進めるお手伝いをします。

 

 

 

 

 

 

さて、CEATECの話に戻りまして、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブースは人でいっぱいでしたが、実際のデモ画面を

このディスプレイに映していましたので、

どんなデモをしているかが多くの人にお分かり

いただけたのではないかと思っています。

 

 

 

 

←これは、実際には何もない空間に、

 A4のチラシを配置した場合のデモです。

 

 

 実際に隣にA4サイズのチラシが置いてありますが、

 サイズがピッタリです。

 

さて、『ミスラズAR PRO』はこちらのWEBからご購入いただけます。

 

 

また、11/15~17にビッグサイトで開催される店舗・商業空間デザイン展2017

にも出展しますので、実際のデモを見たい方は、ぜひ弊社のブースまでお立ち寄りください!


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!