バーチャルデザインレビューの技術が東洋ビジネスエンジニアリング様のソフトウェアに採用されました

東洋ビジネスエンジニアリング様の「mcframe MOTION」にバーチャルデザインレビューの技術が採用されたことを本日プレスリリースしました。


こんにちは。マーケ担当のアライです。

最近、自分がペイズリー柄が好きだということに気づきました ∑(゚◇゚///)

で、自分でもデザインできないかともくろんでいるのですが、絵心がないので悩んでいます。。

  

デモの様子
デモの様子

 

 

さて、本日、東洋ビジネスエンジニアリング様と一緒に同時プレスリリースをさせていただきましたが、10/2から販売開始する東洋ビジネスエンジニアリング様の「mcframe MOTION VR-design review」に弊社のバーチャルデザインレビューの技術が採用されました! *。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

 

「mcframe MOTION」はKinectや慣性センサ式のモーションセンサーを体につけ、作業の動作や姿勢を計測し、製造現場などでの作業効率改善、安全衛生管理を実現するシステムです。

 

このシステムにCADデータを取り込み、VR空間に表示できるのが「mcframe MOTION VR-design review」で、CADデータをVR空間に取り込む部分にバーチャルデザインレビューの技術が採用されています。

 

この技術により「mcframe MOTION」のVR空間の中に、設備や治具等の形状データをVR用にわざわざ変換せずに、CADデータのまま取り込むことができるのです!!

 

これで、手間をかけずにVR空間内で自社の生産設備、生産ラインを実寸大で意識しながら、作業姿勢の検証ができますね!

ちなみに、この内容は9/22(金)の日刊工業新聞 朝刊12面に掲載されました!!

 

作業姿勢の"つらさ"を数値化できて、VR空間でシミュレーションできるなんて近未来の姿を感じますね!!

 

 

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!