SCSK様のセミナーでVDRを展示していただきました

8/24のSCSK様主催のVRセミナーに行ってきました


こんにちは。マーケ担当のアライです。

本日2個お弁当を食べました。

早くも、食欲の秋が到来したのでしょうか。 ( ̄ー ̄;

 

 

 

 

さて、本日は8/24に開催されたSCSK VR Collaboration Seminarに

参加しましたのでレポートします。

 

SCSK VRシステム推進室様主催で、

VRを複数人で同時に体験できるコラボレーションソリューションを一同に集め、

体験が可能、ユーザー講演も充実したセミナーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社のバーチャルデザインレビュー

設計データ(CADデータ)をその場で編集し、すぐにVRに反映

することができるため、"ものづくりVRソリューション"として紹介されていました。

 

 

今回バーチャルデザインレビューでは、

Autodesk様のAliasのデータを表示しました。

 

VIVEにつなぐマシンには、それぞれNVIDIA Quadro P6000が

搭載されています!!!

(私もP6000欲しいですー!)

 

車一台をVR空間に表示しても、快適です♪

 

 

 

その他、展示コーナーでは、

MizuchiをOculus Riftで表示したり、

VREDをVIVEで表示していました。

 

Mizuchi及びVREDはレンダリングがきれいなので、

プレゼンテーション用、マーケティング寄りの用途がメインになります。

 

 

今回、AliasをVDRで表示するのが大変好評だったそうです!

是非Aliasをお持ちの皆様、SCSK様にデモのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!