大学での3D活用事例

3Dは映画やエンターテインメントの世界だけではありません。サイエンスの教育分野での事例をご紹介します。


東京理科大学オープンキャンパスで3Dデモの様子
東京理科大学オープンキャンパスで3Dデモの様子

こんにちは。

マーケ担当のアライです。

今日は"立体視"についての事例をご紹介しますヾ(*・∀・)/

 

"立体視"って私たち(社員)は言ってしまうのですが、一般的に言われる“3D表示”のことです。

3Dって、専用のメガネをかけると飛び出て見えて、楽しいですよね。

 

楽しいだけではなく、3Dは計算科学の分野(※)にも応用され、新たな発見を得ることも

可能なのです!

 

  (※計算科学の分野とは、お隣のMicroAVSブログで紹介しているような分野です。)

 

 

 

東京理科大学では、この3Dをオープンキャンパスで活用し、

大人から子供まで、老若男女の心をガッツリ掴んでました!

 

だって、右の写真のネズミの脂肪が立体的に把握できるんですよ!?

これが自分の脂肪だったら・・・と思うと、恥ずかしいし、ぞっとしますね (;´゚Д゚)ゞ <ミタラアカン

(きっとその後、ダイエットを決意するでしょう。。。)

 

 

話は戻りますが、東京理科大学では、他にも色々3Dで表示していましたので、

是非レポートを見てみてください。

 

☆東京理科大学オープンキャンパスレポートはこちら

 

 


AR-VRソリューションやセミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!