MicroAVS re のインタフェース~Viewer上のマウス操作

MicroAVS re では、Viewer 上部にある 『ツールボタン』 により

マウス操作のモード変更や操作対象変更が簡単になっています。


<お知らせ>

これまで、ブログ 「MicroAVSの広場」 にて MicroAVS の

便利な使い方や新機能のご紹介を行ってきましたが、本日より

こちらの 「サイバネットブログ」 で新たな情報をご紹介していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。


MicroAVS re の Viewer(表示窓) 上におけるマウス操作は

Windows版 (~Ver.19.0) とほぼ同じですが、

Viewer上部にあるツールボタンにより、

操作対象や操作内容の切替をスムーズに行えるという利点を持っています。

 

 

マウス左ドラッグ操作モードの切替え

Viewer 上でマウス左ドラッグを行った場合、デフォルトでは

表示オブジェクトの 「回転」 が行われます。

下図のツールバー上のボタン切替により、

マウス左ドラッグに 「回転」 以外の操作を簡単に割り当てられます。

 

操作対象の変更

Viewer上でのマウス操作の対象はデフォルトで

『表示されているオブジェクト』 となっています。

下図のツールバー上のボタンにより、

操作対象を 「カメラ」 や 「照明」 に変更可能です。

Windows版における 「カメラ」「照明」 の回転操作は

XYZ軸ごとのボタン操作となっていますが、

MicroAVS re ではマウスを利用した

自由な方向への回転が可能となっています。

 

MicroAVS re の全ての機能を1ヶ月無料でご利用になれます!

 


MicroAVSの機能紹介や体験セミナーのご案内など、詳しくは製品Webサイトで!